未分類」カテゴリーアーカイブ

債務整理は弁護士と

債務整理をすることを考えるような条件はいろいろとあります。ですが、すべてをゼロにすることができる自己破産は、大きなリスクが伴うことになるでしょう。職業に一定期間条件が付いたりすることも出てくるからです。マイホームを失いたくはないということも出てくるでしょう。生活の基盤を失うということは、いくら一定額は保護されるとしても、簡単に選択できることではありません。そこで、民事再生と呼ばれる手段が出てきます。

自己破産ができない弁護士とともに進めていくことが、マイホームを守る方法でもありますが、裁判所を通じて減額する手続きであることがポイントです。弁護士を入れることが重要になってくるのも、こうした手続きに問題がある点も見逃せません。住宅ローンが残っていても、マイホームを手放さずに、借金を5分の1に減額することもできますが、それだけに簡単にはいきません。

ケースとしては、自己破産ができないということもあります。ギャンブルなどの借金は、裁判所から免責が降りないケースも存在し、自己破産ができません。こうした状況であっても、民事再生であれば適用することができるようになるのですから、まずは弁護士に借金の相談をしてみることが重要です。

*関連リンク*借金返済

民事再生にする条件

債務整理の中でも民事再生には、さまざまな条件が伴います。だれでもできるわけではなく、条件を満たしているかどうかがカギになるといえるでしょう。大きな違いとして、自己破産のように借金をゼロにすることができるわけではなく、原則3年で返済をしていくということが根幹にあります。代わりに処分されたくはない財産を守ったりすることもできるようになるのがメリットです。ここから、条件も考えていくことができるようになります。

返済返済を考えるのが民事再生である以上、あまりに大きな借金は返済することができないでしょう。基本として、総額が5000万円以下ということが基準となってきます。これには住宅ローンを含みません。3年で返済を考えていく以上、継続して収入がある人が対象です。収入がなければ、圧縮してもらい3年間で分割しても、返済はすることができないでしょう。これでは成立しないため、返済不能となる恐れがあると判断されてしまいます。返済不能ということでは、他にもいろいろな条件が出てくるため、素人では判断が難しく、民事再生を利用できないというケースも出てきてしまうのが問題です。

小規模個人再生と給与所得者再生の違いなども出てきます。手続きも簡単とは言えないため、まずは弁護士に相談してからスタートしていくことが必要です。

債務整理を考える

借金で苦しんでいるときに、どうやったら解決できるのかを考えることは重要な意味があります。しかし、どんな方法を採ることができるのかは、その方法を知らなければ選ぶことはできません。債務整理になりますが、実際にさまざまな方法があり、権利としても認められているものがあります。これらの方法を利用することによって、生活環境を大きく変えていくことができるでしょう。

民事再生方法のひとつとして民事再生があります。財産を維持したまま、借金を大幅に減額したりすることができる可能性を模索できる方法です。どの程度減額できるのかは、ひとによって違いがありますが、少なくても自己破産のように返済義務が消滅したりする方法ではありません。あくまでも返済を考えていく方法になってくることから、そこまで強い制限などもかかりません。返済するということでは、処分されたくはない財産も守ることができる方法です。例えば、生活の基準であるマイホームは守りながら、返済を考えていくこともできる方法といえるでしょう。

さまざまなケースで利用することができる民事再生ですが、手続きは簡単ではありません。どれだけ減額することができるのか、借金の額によっても異なりますし、収入といったことも考慮する必要が出てきます。素人では難しい方法となってくるのも、この民事再生の特徴です。債務整理の専門家である弁護士とともに進めていくことが一番ですので、ケース例を考えながら選択を考えるといいでしょう。