債務整理は弁護士と

By | 2018.02.20

債務整理をすることを考えるような条件はいろいろとあります。ですが、すべてをゼロにすることができる自己破産は、大きなリスクが伴うことになるでしょう。職業に一定期間条件が付いたりすることも出てくるからです。マイホームを失いたくはないということも出てくるでしょう。生活の基盤を失うということは、いくら一定額は保護されるとしても、簡単に選択できることではありません。そこで、民事再生と呼ばれる手段が出てきます。

自己破産ができない弁護士とともに進めていくことが、マイホームを守る方法でもありますが、裁判所を通じて減額する手続きであることがポイントです。弁護士を入れることが重要になってくるのも、こうした手続きに問題がある点も見逃せません。住宅ローンが残っていても、マイホームを手放さずに、借金を5分の1に減額することもできますが、それだけに簡単にはいきません。

ケースとしては、自己破産ができないということもあります。ギャンブルなどの借金は、裁判所から免責が降りないケースも存在し、自己破産ができません。こうした状況であっても、民事再生であれば適用することができるようになるのですから、まずは弁護士に借金の相談をしてみることが重要です。

*関連リンク*借金返済